iCareLab アイケアラボ

株式会社アイケアラボ 介護機器 開発・製造・販売

企業理念

介護される人の「ゴメンネ」を減らす!

介護される人は気兼ねする。それを減らせば、介護する人も楽になる。

介護の生産性向上に貢献する!

介護の人手不足の解消に貢献し、安価な介護費用を実現する。

◆常に期待される企業であり続ける

私たちが何を考え、何を重視しているかを、周りに理解してもらえるよう努力する。

ニーズは現場にある

常に現場の声に耳を傾ける。

◆新しい知識、技術、技能をどん欲に吸収する

できてない事をできるようにする。

コストダウンを常に意識する

設計も加工も調達も組立も、ギリギリまでコストダウンして、消費者にできるだけ安価な製品を届ける。

人とのつながりを大切にする

介護施設、県や市、大学、企業、各専門家とタッグを組み、より良い製品を生み出す。

株式会社アイケアラボ企業理念
メッセージ

長寿命化と核家族化に伴い老々介護が増えてきており、腰痛になったり、自宅で転倒骨折して寝たきりになるリスクが高いのが実情です。

しかし、すぐに思うような介護施設に入るのは難しく、健康寿命(男性72才、女性74才)から平均寿命(男性81才、女性87才)までを介護機器を使って何とか自宅で気兼ねせずに穏やかな老後を過ごしたいと多くの人が考えています。

その問題に対し大学や大手設計メーカーなどと連携して、介護する側される側が少しでも楽になるようなパワーアシストチェアを開発しています。

アイケアラボは、
イメージを図面に変え、
図面から製品を生み出す
力強さを持っています。

図面から製品を生み出す
モノづくりの楽しさ

アイケアラボは、
モノづくりの楽しさを
知っています。

アイケアラボは、
たくさんの人と共同で
事業を営んでいます。

たくさんの人と共同
共同でフィールド評価

関西学院大学と、
デイサービスと、
共同でフィールド評価を
行っています。

アイケアラボは、
人にやさしい製品を生み出す
ための努力を惜しみません。

人にやさしい製品
介護に対して前向き

アイケアラボは介護に対して
前向きに取り組みながら楽しく
モノ作りに励んでいます。

ショールーム

ショールームで展示しています。
ご興味のある方は、
お電話で予約してください。
実際にお試しいただけます

ショールーム

会社概要

事業内容介護用機器の開発・製造・販売と介護システム開発
所在地兵庫県三田市駅前町10-7-101
創業2017年8月30日
資本金400万円
代表取締役今井 弘志  大手電機メーカーで経験を積んだ技術者がシニア創業
沿革
1976年 3月東京大学産業機械工学科卒 同年4月 三菱電機(株) 生産技術研究所入社
1983年10月半導体工場用無人搬送車を開発、導入(機構、制御の主担当)
2011年 4月三菱電機エンジニアリング(株)取締役京都事業所長
2015年 6月世界初の医療用レーザ照明装置の実用化で、レーザ学会産業賞奨励賞を受賞
2017年 3月三菱電機エンジニアリング(株)定年退職
    6月三田市実践創業塾第2期終了
    8月株式会社アイケアラボ設立
    11月ひょうごクリエイティブ起業創出事業に選定される